トップ > 思ひ出 > 薊の花

薊の花

今日も薊の紫に、
棘が光れば日は暮れる。
何時か野に来てただひとり
泣いた年増がなつかしや。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

夕暮れどきの薊の花の侘しさに年増(女)の姿を 連想しているのです。実際に薊のそばにそういう人がいたというより 薊の姿から呼び覚まされたイメージです。

白秋の過ごした柳川では遊女屋(柳川語でノスカイ屋)の前に薊の花が咲いていました(「柳川」「立秋」)。 よって「薊」といえば白秋にとって「遊女」を連想するイメージだったと考えられます。