トップ > 思ひ出 > 石竹の思ひ出

石竹の思ひ出

なにゆゑに人々の笑ひしか。
われは知らず、
え知る筈なし、
それは稚(いとけな)き三歳のむかしなれば。

暑き日なりき。
物音もなき夏の日のあかるき真昼なりき。
息ぐるしく、珍らしく、何事か意味ありげなる。

誰が家か、われは知らず。
われはただ老爺(ヂイヤン)の張れる黄色かりし提燈(ちやうちん)を知る。
目のわろき老婆(バン)の土間にて割きつつある
青き液(しる)出す小さなる貝類のにほひを知る。

わが悩ましき昼寝の夢よりさめたるとき、
ふくらなる或る女の両手は
弾機(ばね)のごとも慌てたる熱き力もて
かき抱き、光れる椽側へと連れゆきぬ。
花ありき、赤き小さき花、石竹の花。

無邪気なる放尿……
幼児は静こころなく凝視(みつ)めつつあり。
赤き赤き石竹の花は痛きまでその瞳にうつり、
何ものか、背後(うしろ)にて擽(こそば)ゆし、絵草子の古ぼけし手触にや。

なにごとの可笑しさぞ。
数多(あまた)の若き猟夫(ロツキユ)と着物つけぬ女との集まりて、
珍らしく、恐ろしきもの、
そを見むと無益にも霊(たまし)動かす。

柔かき乳房もて頭(かうぺ)を圧され、
幼児は怪しげなる何物をか感じたり。
何時までも何時までも、五月蠅(うるさ)く、なつかしく、やるせなく、
身をすりつけて女は呼吸(いき)す、
その汗の臭の強さ、くるしさ、せつなさ、
恐ろしき何やらむ背後(うしろ)にぞ居れ。

なにゆゑに人々の笑ひつる、
われは知らず、
え知る筈なし、
そは稚き三歳の日のむかしなれば。

暑き日なりき、
物音もなき鹹河の傍のあかるき真昼なりき。
蒸すが如き幼年の恐怖(おそれ)より
尿(いばり)しつつ……われのただ凝視(みつ)めてありし
赤き花、小さき花、目に痛き石竹の花。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

子供の頃の「性の芽生え」を歌った詩です。 どこか親戚の家だろうか忘れたが、とにかくどっかで昼寝していた、 そこを女に(乳母?)抱えられて縁側へ連れていかれる。

縁側から小便をする(おそらく漏らす直前だったのでしょう)。

その時、背中にあたる女の体や胸とかもうグーと当たって呼吸もすごくエロい感覚を呼び覚ましたのです。

そして庭に咲いていた赤い石竹の花がすごく印象に残り、後々まで思い出となったのです。

カステラ」でも石竹の花のイメージが印象的に登場します。