トップ > 童謡 > かやの実

かやの実

こんがり、こんがり、焼けました。
お山で拾うた榧(かあや)の実、
こんがり、こんがり、焦げてきた。
ひとつは坊やにあげましょか、
ひとつはお婆が食べてあぎょ。
こんがり、こんがり、焼けました、 お山で拾うた榧の実。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

囲炉裏で婆さんが子供たちのためにまた自分のために榧の実を焼いている… まんが日本昔話的な、のんびりした感じです。

童謡集「兎の電報」に収録。弘田龍太郎、山田耕筰の曲があります。

「かや」はイチイ科の常緑高木。果皮から食用油や整髪油が採れます。

関連…「かやの木山の