トップ > 童謡 > むかし噺

むかし噺

山へとゆくのはお爺さん、
川へと下るはお婆さん。

山では柴刈る鉈の音、
川では桃呼ぶ小手まねき。

むかしのむかしはなつかしい、
いつでも青空、日和鳥。

ねんねのお里はなつかしい、
いつでも夕焼、藪雀。

山へとゆくのはお爺さん、
川へと下るはお婆さん。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

童謡集「花咲か爺さん」収録。初出「サンデー毎日」大正11年(1922)10月。成田為三、山田耕筰の曲があります。

昔話の「桃太郎」が土台ですが、桃太郎は登場せず、「昔話的なのんびりした空気」が主題になってます。だからのんびり朗読しました。

物臭太郎」「花咲か爺さん」など北原白秋の昔話を題材とした一連の作品を見ると、あまり物語性には興味ないようで、雰囲気重視です。

よむ・きく 昔話」←ここで昔話をバンバン朗読していきますので、よろしく。