トップ > 思ひ出 > 赤い木太刀

赤い木太刀

赤い木太刀をかつぎつつ、
JOHNはしくしく泣いてゆく。
水天宮のお祭が
なぜにこんなにかなしかろ。

悲しいことはなけれども、
行儀ただしく、人なみに
御輿のあとに従へば、
金の小鳥のヒラヒラが
なぜか、こころをそそのかす。

街は五月の入日どき、
覗き眼鏡がとりどりに
店をひろぐるそのなかを、
赤い木太刀をかつぎつ、
JOHNはしくしく泣いてゆく。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

白秋の故郷、柳川では五月三日から五日、沖端水天宮祭と称するお祭りが開かれます。

舟舞台を浮かべ、お囃子や芝居が奉納され、それを両側の岸から見物するのです。街路には露天が立ち並びます。

JOHNはトンカ・ジョン。子供時代の北原白秋はこう呼ばれていました。

なぜ「赤い木太刀」を担いでいるのか?この「赤い木太刀」は何なのか?露天で買った子供用の玩具か?

またはお祭りでやる子供芝居の小道具かもしれません。「思ひ出」序文の中に、木太刀を持って芝居の練習をしていたところGONSHAN(良家のお嬢さん)と眼があって台詞を忘れてしまった場面が描かれています。

いずれにしても「赤い」という言葉に、玩具ぽい雰囲気があると思います。注釈も見つからなかったので我流の解釈ですが。

JOHNは、お祭りというめでたい日なのにはっきりした理由もなく憂愁に取り付かれています。少年の日のわけのわからないメランコリーでしょうか。

「金の小鳥のヒラヒラ」これもよくわかりませんが、なにか紙吹雪みたいなものでしょうか。祭りの飾りつけでしょうか。それがヒラヒラ舞っているのを見て、むしょうに寂しくなってきたということか…。

「覗き眼鏡」はカラクリの見世物で、レンズを通して絵を覗くと立体的に見えるやつです。江戸時代に輸入されました。

考え始めると疑問だらけですが、そういう細かいことよりもこの、全体を流れるけだるい空気。これが大切と思います。