トップ > 童謡 > 二重虹

二重虹

虹だ。虹だ。隆太郎よ。
ああ、あれはおまえのものだ。
父さんは手をあげる。
ああ、あれは二重の虹だ。
母さんも、あれ、手をあげてる。
虹だ、虹だ、おまえの虹だ。
向うの木までが手をあげてる。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

白秋が小田原に洋館を構え、経済的に安定してきた頃の作品です。三番目の奥さん、菊子との間に生まれた長男が隆太郎です。菊子との結婚は大正10年(1921)、隆太郎の誕生はその翌年です。

家族で虹に向けて手を上げてる様子が微笑ましいですね。

 ヽ(´▽`)ノ( ´ ▽ ` )ノ    ( *‘∀‘ )ノ  

↑まあ、こんな感じでしょう。

二重虹は虹のワッカが二重になったものです。色の並びが主虹と副虹で逆になってるのがポイントです。白秋はよく小田原で目撃し、隆太郎くんは二重虹を見ながら育ったといいます。北原隆太郎はのちに禅哲学者となり、「白秋全集」をてがけます。

童と父」も同じく、隆太郎くんへのラブラブ、親バカぶりが出た詩です。