トップ > 東京景物詩及其他 > 解雪

解雪

わが憂愁は溶けつつあり、
黄色く赤くみどりに、
屋根の雪は溶けつつあり、
光りつつ、つぶやきつつ、滴りつつ……

日はすでにまぶしく、
菓子屋の煙突よりは烟のぼり、
病犬は跛(ちんば)曳きつつ敷石をゆく、
そのなかに溶けつつあるものの小歌(リイド)

やはらかにかよわく、ほそく、
そは裁縫機械(ミシン)のごとく幽かに、
いそがしく、
さまざまの光を放ちつつ滴る。

喪心のたのしさを聴け。
薄暗き地下室(セラ)の厨女(くりやめ)よ、
湯沸(サモワル)の湯気の呼吸(いき)も
玉葱のほとりにしづごころなし。

丸の内の三号、
その高き煉瓦(れんが)より、筧(かけい)より、また廂(ひさし)より、
かくれたる物の芽に沁みたる無数の宝玉の溶解、
温かに劇薬のながれ湿(しと)る音楽……

わが憂愁は溶けつつあり、
黄色く、赤く、みどりに、
屋根の雪は溶けつつあり、
光りつつ、つぶやきつつ、滴りつつ……

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

スランプ脱出のきざしが見えてきたという話でしょうか。タイトルは「かいせつ」と読むのかもしれないです。でも辞書で調べたらそんな言葉はなく、また響き的にも「ゆきどけ」のほうがカッコいいと思います。

雪が溶けて、その下から色とりどりの屋根の色が見えてくる…ビジュアルが目に浮かびす。視覚を刺激しまくりです。

丸の内の「三号」というのがようわからんですが、これは三丁目のことでしょうか?地図で見ると、山手線有楽町駅を出たスグのところでビックカメラがある区画です。このビックカメラは抑えておいてソンはないです。銀座で突然トイレ行きたくなった時は重宝します。

こういう難しい言い回しの多い文章を入力すると、Windows標準装備のIME日本語入力がいかにおバカかわかります。

「烟(けむり)」これが出ない。手書き入力しようとすると、入力パッドには最初から「ウ」とか書いてあり、いったん消去しないとイカン。どうしようもない仕様です。一日使ってたら頭おかしくなります。