トップ > 水墨集 > 童と父

童と父

今は黄菊の盛りである。
わたしは童とあそんでゐる。
童はわたしのかはいい子だ。
わたしは父ゆゑおもはゆい、
童は黄菊をむしつてゐる、
わたしはその頬をしやぶつている、
おお、よい子だ、
めづらしい澄んだ蒼空だ、
鵯(ひよ)までが小さく迅く翔けてゐる。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

二重虹」と同じく、長男隆太郎くんへの親バカっぷりを炸裂させた内容です。「ほうーれ、ほれほれ」とわが子にしゃぶりついてる父の姿。いかにもノンビリして微笑ましいです。

ただ、「水墨集」のコンセプトに沿って「童」「黄菊」「鵯」など道具立てが水墨画的です。実体験を描いたというより、水墨画世界にアレンジしたものでしょう。

「水墨集」が発表された大正12年(1923年)は隆太郎くんが生まれた翌年にあたります。この年は関東大震災で白秋がせっかく建てた「木兎の家」が半壊してます。大変な中にも、子供をはぐくんでいたんですなあ。

北原隆太郎は後に禅学者として活躍し、「白秋全集」をてがけます。つい先日の平成16年、お亡くなりになりました。多磨霊園にお墓があります。