トップ > 水墨集 > 竹田

竹田

楽しみ楽しみあなたは画いた、
唐風の山水を、また花鳥を、
悠々たるその無関心、
畢竟はあなた自ら美の恍惚にひたることではないか、
神を暢べ、気をやすむることではないか、
楽しみ楽しみあなたは画いた、
まことの遊びを幽かに為た。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

老子」「千利休」などと同じく、歴史上の水墨画的人物をネタに、水墨画的世界を浮かび上がらせる趣向です。

田能村竹田(たのむらちくでん)(1777-1835)。豊後国竹田(たけた)(現大分県竹田市)出身。江戸時代後期の文人画家。豊後南画の祖。豊後国岡藩の藩医の家に生まれ、藩校の由学館で学ぶ。

由学館では『豊後国史』の編纂に携わり、頭取まで進む。

文化8,9年の両年、百姓一揆が起きた際に、改革を求める建言書を藩に提出するが容れられず、35歳で公務を辞す。

その後は故郷の豊後竹田(大分県)と京阪の間を往復しながら頼山陽や「雨月物語」の作者として知られる上田秋成などの文人と交流し、詩画にうちこむ。

大分県竹田市は「荒城の月」の滝廉太郎の出身地としても知られます。

そういえば以前竹田に近い大分の九重に旅行した時、北原白秋の碑があって「草深野ここに仰げば国の秀や久住は高し雲を生みつつ」とありました。「いろんなトコ来てんなー」と感心しました。