トップ > 童謡 > 足踏み

足踏み

足踏みしている、
僕たちは。

空にはながれる、
よい雲が。

海にはさざなみ、
ちらちらだ。

学校の外庭、
ひとまわり。

まわって、足踏み、
僕たちは。

山茶花咲け咲け、
鐘が鳴る。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

テレビゲームも携帯もなく、外を駆け回って遊んでいた素直で、無邪気な、かつての日本の子供たちです。

童謡集「月と胡桃」に収録。これも山田耕筰の曲があります。

ああ…こんな時代もあったのかなあと朗読しました。

山茶花は椿科の樹木ですが、椿みたいにボタッといっぺんに花が落ちず、一枚ずつ落ちるのがポイントです。同じ「月と胡桃」の中に「落ちたつばき」という童謡もあります。