トップ > 思ひ出 > 鶏頭

鶏頭

秋の日は赤く照らせり。
誰が墓ぞ。風の光に、
鶏頭の黄なるがあまた
咲ける見てけふも野に立つ。

母ありき。髪のほつれに
日も照りき。み手にひかれて、
かかる日に、かかる野末を、
泣き濡れて歩みたりけむ。

ものゆかし、墓の鶏頭、
さきの世か、うつし世にしか、
かかる人ありしを見ずや。
われひとり涙ながれぬ。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

p>墓場に咲く鶏頭の花と、そこを歩いている母子にまつわる、ぼんやりした記憶です。誰の墓か知らないが、その墓の脇に黄色い鶏頭の花がたくさん咲いていた。

母親が子供をひっぱって、泣きながら歩んでいたと。この「子供」は白秋自身かも知れないし、客観的な視点で見てるのかもしれません。

一人称的視点と二人称的視点がごっちゃになってるところが、夢っぽいと思います。

で、そういう場面、そういう人を確かにかつて見たのだが、あれは現世だったか生まれる前の記憶だったかというのです。