トップ > 水墨集 > 李思訓

李思訓

月は真珠のやうに小さかつた、
高山の蔭である故、
金碧の画堂も緑に見えた。
日中の事である。
李思訓は絵筆をとり、
幽かに心はうちふるへた。
あまりに細緻な自然である。
あまりに色が深すぎる。
悲しいものは山と水、
遥かな点は雲に島。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

老子」などと同じく、過去の文人墨客を登場させて水墨画的世界を描き出します。

李思訓(653~718)中国,唐代の画家。字は建見。子の李昭道とともに大李将軍、小李将軍と呼ばれ、山水画をよくした。金碧山水の技法(山や岩の輪郭線に金泥をまぜる)を父子で確立。李思訓・昭道父子は後世北宋画の祖とされた。