トップ > 東京景物詩及其他 > あそびめ

あそびめ

たはれをのかずのまにまに
じだらくにみをもちくづし、
おしろいのあをきひたひに
ねそべりてひるもさけのみ、
さめざめとときになみだし、
ゆうかけてさやぎいづとも、
かなしみはいよよおろかに、ながねがひいよよつめたし。
あはれよのしろきねどこの
まくらべのベゴニヤのはな。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

遊女のその日暮らしの乱れた生活の悲しさ哀れさを歌った詩です。

(大意)
その場限りの付き合いで男たちと交わっている間に 自堕落に身を持ち崩してしまった遊女たち。

白粉を塗った額は青ざめ、昼間から寝そべって酒を呑み、 時々はさめざめと涙する。

夕暮れになると騒ぎはじめるが悲しみはいっそう酷くなり その願いはいよいよ冷たく(?)

悲しい夜(世)の白い寝床の枕元にベゴニアの花が咲いている

最後に「ベゴニアの花」が登場するのは、「そんな悲惨な毎日の中にも かすかな希望の光が」という象徴でしょうか。

同種の表現として思い出すのは、萩原朔太郎「夜汽車」のラストです。人妻と 不倫をして夜汽車で駆け落ちしている。あー、これからどうなるんだろう。 サッパリ先が見えない…という暗い重い内容の詩ですが、しめくくりが

「しののめちかき汽車の窓より外(そと)をながむれば
ところもしらぬ山里に
さも白く咲きてゐたるをだまきの花。」

この「をだまきの花」が北原白秋の「ベゴニアの花」に通じるものと思います。

また、遊女ネタということで松雄芭蕉「奥の細道」の中に見える 市振の関のくだりを思い出しました。芭蕉が北陸の市振の関で たまたま同宿の遊女からその哀れな話を聞くという内容で、完全な創作らしいですが いい雰囲気を出しています。

そこで芭蕉は「一つ家に遊女も寝たり萩と月」の句を得ています。