トップ > 東京景物詩及其他 > 片恋

片恋

あかしやの金と赤とがちるぞえな。
かはたれの秋の光にちるぞえな。
片恋の薄着のねるのわがうれひ
「曳舟」の水のほとりをゆくころを。
やはらかな君が吐息のちるぞえな。

あかしやの金と赤とがちるぞえな。


すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

北原白秋は「金と赤」という 色彩を好んで使います。実際の色というより詩的なイメージです。

普通あかしやといえば黄色ですが、ここでいう「あかしやの金と赤」は 散っている葉のことです。季節も秋だし。

「薄着のねる」とは、フランネルの柔らかい着物のことです。そんな ふうに柔らかく繊細な私の憂い。そうとうキザです。

ちなみに比喩は直喩と隠喩に分かれます。「薄着のねるのような」と たとえであることを明示するのが直喩、この「薄着のねるのわが憂い」のように明示しないのが隠喩です。北原白秋の詩には意外と隠喩は少ないです。

「曳船」は東京墨田区の地名です。川沿いを歩いていると思われます。 はらはらと散るあかしやの葉に、片思いの相手の柔らかい吐息を 空想しているのです。

今の隅田川は汚く淀んでいて、とてもこんな詩的な雰囲気じゃないですが、白秋の時代は 違ったのでしょう。

白秋は後にこの「片恋」を自分の新俗謡詩の萌芽であると言っています。 詩集「思ひ出」の中でじょじょに開花していった歌謡調のスタイルが ここに至り成熟を迎えるのです。