トップ > 思ひ出 > 人形つくり

人形つくり

長崎の、長崎の
人形つくりはおもしろや、
色硝子………青い光線(ひすぢ)の射(さ)すなかで
白い埴(ねばつち)こねまはし、糊(のり)で溶かして、砥(と)の粉(こ)を交ぜて、
ついととろりと轆轤(ろくろ)にかけて、
伏せてかへせば頭(あたま)が出來る。

その頭(あたま)は空虚(うつろ)の頭、
白いお面(めん)がころころと、ころころと…………
ころころと轉(ころ)ぶお面(めん)を
わかい男が待ち受けて、
青髯の、銀のナイフが待ち受けて、
まぶた、まぶた、薄う瞑(つぶ)つたまぶたを突いて、きゆつと抉えぐつて兩眼(りやうがん)あける。
晝の日なかにいそがしく、
いそがしく。

長崎の、長崎の
人形つくりはおそろしや。
色硝子…………黄色い光線(ひすぢ)の射すなかで
肥滿女(ふとつちよ)の囘々(フイフイ)教徒(きようと)の紅頭巾(あかづきん)、唖か、聾(つんぼ)か、にべもなく
そこらここらと撰んで分けて撮(つま)む眼玉は何々ぞ。
青と黒、金と鳶色、魚眼(うをめ)の硝子が百ばかり。
その眼玉も空虚(うつろ)の眼玉よ、
ちよいとつまんでまぶたへ當てて
面(おもて)よく見て、後(うしろ)をつけて、合はぬ眼玉はちよと彈(はぢ)き、
ちよと彈(はじ)き
箝箝(は)めた、箝めたよ、兩眼(りやうがん)箝めた…………
露西亞(ロシヤ)の女郎衆が、女郎が義眼(いれめ)をはめるよに、
凄(すご)や、をかしや、白粉刷毛(おしろひはけ)でさつと洗つてにたにたと。
外(そと)ぢや五月の燕(つばくらめ)ついついひらりと飛び翔る。

長崎の、長崎の
人形つくりはおもしろや。
色硝子…………紅(あか)い血のよな日のかげで
白髪あたまの魔法爺(まはふおやぢ)が眞面目顏(まじめがほ)、じつと睨んで、手足を寄せて、
胴に針金(はりがね)、お面(めん)に鬘(かつら)、寄せて集めて兒が出來る。
兒が出來る。

酷(むご)や、可哀(かはい)や、二百の人形、
泣くにや泣かれず、裸の人形、
赤う膨(ふく)れた小股(こまた)を出して、頭みだして、踵を見せて、
鮭の卵か、兒豚の腹か、水子、蛭子(ひるこ)を見るがよに、見るがよに、
床(ゆか)に積れて、瞳をあけて、赤い夕日にくわと噎ぶ。
くわと噎(むせ)ぶ。

人形、人形、口なし人形、
みんな寒かろ、母御も無けりや、賭博(ばくち)うつよな父者(ててじや)もないか、
白痴(ばか)か、狂氣か、不具(かたは)か、唖か、墮胎藥(おろしぐすり)を喫(の)まされた
女郎の兒どもか、胎毒か………
しんと默(だま)つてしんと默つて顫えてゐやる。
傍(そば)ぢや、ちんから目さまし時計、
ほんに、ちんから、目さまし時計、
春の小歌をうたひ出す、
佛蘭西の銀のマーチを歌ひ出す。

長崎の、長崎の
人形つくりはいぢらしや、
いぢらしや。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

北原白秋の詩の中ではわかりやすいほうと思います。長崎の人形つくりの 面白さ、恐ろしさを語ってます。言葉の一つ一つは難解でも 主題が単純なので情景が浮かびやすいです。言葉のリズムがよく、 朗読して気持ちいいです。

「ついととろりと」「きゆつと」「ついついひらりと」「くわと」など、 擬音の使い方が見事です。どの擬音も「ああ、そんな音が出そうだなあ」と 納得いく上に、北原白秋ならではのオリジナリティが溢れています。

「バカか狂気か」という所がありますが、この出だしの「バ」が 何度やっても音割れして困りました。文頭の「バ」はスゴイ音が大きいようです。

二百の人形がズラーと並んでいるところは、想像するだに不気味です。 チャイルドプレイとか ドールズとか人形をテーマにしたホラー映画は色々とありますが、どこか人形というものは人の恐怖心,想像力をかきたてるものがあるようです。

この本文は岩波文庫の「白秋詩抄」から引用したものですが、同じく岩波文庫の「白秋叙情詩抄」に収録されているのは別バージョンでした。こちらのほうが人形の扱いにいたわりがある感じです。今回はこちらで朗読しました。

第三連
「露西亞(ロシヤ)の女郎衆が、女郎が義眼(いれめ)をはめるよに、」

「和蘭お医者が、医者が義眼(いれめ)をはめるよに、」

「酷(むご)や、可哀(かはい)や、二百の人形、」

「酷(むご)や、可哀(かはい)や、お人形人形、」

第四連
みんな寒かろ、母御も無けりや、賭博(ばくち)うつよな父者(ててじや)もないか、
白痴(ばか)か、狂氣か、不具(かたは)か、唖か、墮胎藥(おろしぐすり)を喫(の)まされた 女郎の兒どもか、胎毒か……… しんと默(だま)つてしんと默つて顫えてゐやる。

「みんな寒かろ、母御も無けりや、かはいかはいの父者(ててじや)もないか、
白痴(ばか)か、不具(かたわ)か、聾(つんぽ)か唖(おし)か、
口がきけぬか、きけぬか、口が……
みんな黙つて、しんと黙つて、て顫えてゐやる。」