トップ > 思ひ出 > 見果てぬ夢

見果てぬ夢

過ぎし日のしづこころなき口笛は
日もすがら葦の片葉の鳴るごとく、
ジプシイの昼のゆめにもふるえる顫(ふる)ふらん。
過ぎし日のあどけなかりし哀愁(かなしみ)は
こまやかに匂シヤボンの消ゆるごと
目のふちの青き年増や泣かすらん。
過ぎし日のうつつなかりしためいきは
淡(うす)ら雪赤のマントにふるごとく、
おもひでの襟のびらうど身にぞ沁む。
吹き慣れし銀のソプラノ身にぞ沁む。
過ぎし日の、その夜の、言はで過ぎにし片おもひ。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

子供の頃の切ない片思いを色々な比喩で歌ったものです。

過ぎし日のしづこころなき口笛は
片思いをしているため落ち着かない少年が 口笛をひょろひょろと吹いているのです。

日もすがら
一日中

ジプシイの昼のゆめにもふるえる顫(ふる)ふらん
その少年の吹く口笛は、ジプシイのような居住の定まらないものの夢の中まで 響くだろう、の意。

目のふちの青き年増や泣かすらん
目のふちが青くやつれた商売女の心にすら響き、涙を流させるだろう、の意。

うつつなかりし
夢か現実かはっきりしない

おもひでの襟のびらうど身にぞ沁む
マントの襟のビロードに包み込まれる感じが、思い出に包み込まれるようだと。

吹き慣れし銀のソプラノ
口笛がいつの間にかソプラノになっています。北原白秋の詩の魅力は このように比喩や連想でどんどんイメージが飛躍していくところにあると 思います。「銀」はすずしげな響きを表す感覚的な表現でしょう。