トップ > 思ひ出 > カステラ

カステラ

カステラの縁の渋さよな。
褐色(かばいろ)の渋さよな。
粉のこぼれが眼について、
ほろほろとが泣かるる。
まあ、何とせう、
赤い夕日に、うしろ向いて
ひとり植ゑた石竹。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

北原白秋がカステラ大好きだったことは色々な文章で知ってましたが、 この詩はサッパリ理解できませんでした。

中盤の「まあ、何とせう、」を「ああ、どうしよう」と解釈していたからです。 そう考えると詩のつながりがグチャグチャになります。

この短い詩のためにだいぶ苦労しました。北原白秋の難解な 詩を解説した本もサイトもほとんど無いのに驚きました。

そこである時「まあ、何とせう」=「まあ例えるならば」の解釈を思いつきました。

正しい解釈かどうかはわからないですが(なにしろ 解説が見つからない)、多分こんな意味じゃないでしょうか。


カステラの縁の渋さよな。
褐色(かばいろ)の渋さよな。

この「渋い」はカステラの色彩や手触りから来るイメージでしょう。

粉のこぼれが眼について、
ほろほろとが泣かるる

カステラを見てるとほろほろと崩れて 眼に入りそうな感じがあります。「視界に入る」という意味と「眼球に 付着する」という意味を懸けてるのでしょう。

まあ、何とせう、
「まあ、(…そのようなカステラを)例えるならば」?

赤い夕日に、うしろ向いて
ひとり植ゑた石竹

こりゃ子供の頃の記憶ですな。石竹の花に夕陽がじわっとさして、 眼に突き刺さるみたいだったのでしょう。それが、カステラが眼にしみる感じに 似てると。

石竹は、ナデシコ科の花です。色はいろいろですが、ここでは じわっと夕陽ににじんでるイメージですから、オレンジっぽく思います。

また、北原白秋には「石竹の思い出」という詩があり、石竹が 「性的な目覚め」の象徴として使われています。そっちの意味かも知れません。

しかし詩の解釈は他の詩や説明でどういわれているかでなく その詩単体の中で完結すべきと思うので、ここでは石竹の色彩だけを 取るのがいいと思います。