トップ > 水墨集 > 竹林の七賢

竹林の七賢

さても黄色い円月である。
さても閑雅な竹林である。
七人(ななたり)の賢い人、風月の友、
この幽人たちの面持、姿、
その清らかさはかぎりもないが、
あまりに世の中からかけ離れた、
それゆゑの月の出が、
明るい間近な光である。
ああ、いま、せせらぐものに
何かのたよりがきこえさうだ。
さてもこの良夜に
言葉を失くした
ひとつひとつの霊(たましひ)である。
近いやうでもまた
遠い銀と紫の世界の中である。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

「竹林の七賢」とは中国三国時代、魏の末期に、世の中のわずらわしさから 離れ竹林の中で酒を酌み交わしながら清談をした七人の世捨て人の ことです。

当時の魏は皇室(曹氏)の力が弱まり、臣下の司馬氏が国政を牛耳っていました。それで世をはかなむ空気がありました。

リーダー格の阮籍は特に奇人変人として知られます(阮籍「詠懐詩」こちらで朗読しています)。

竹林の七賢の構成員は以下のとおりです。

阮籍(げんせき)
阮咸(げんかん)
ケイ康(けいこう)
王戎(おうじゅう)
向秀(しょうしゅう)
山濤(さんとう)
劉伶(りゅうれい)

やや遠くからマイクを狙い、うるさくならないように注意しました。