トップ > 東京景物詩及其他 > 五月

五月

新しい烏龍茶と日光、
渋味をもつた紅さ、
沸き立つ吐息……

そうして見よ、
牛乳にまみれた喫茶店の猫を、
その猫が悩ましい白い毛をすりつける
女の膝の弾力。

夏が来た、
静かな五月の昼、湯沸(サモワール)からのぼる湯気が、
紅茶のしめりが、
爽やかな夏帽子の麦ワラに沁み込み、
うつむく横顔の薄い白粉(おしろい)を汗ばませ、
而(さう)してわかい男の強い体臭(にほひ)をいらだたす。

「苦しい刹那」のごとく、黄ばみかけて
痛いほど光る白い前掛の女よ。
「烏龍茶をもう一杯。」

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

初夏の喫茶店のさわやかな風景です。 麦わら帽子とかサモワールとか、 爽やかなイメージを綴ります。

しかし、その中にも猫がウェイトレスの膝に体を擦り付けたり(しかも ミルクまみれで)、汗ばんだ白粉とか、エロチックなイメージをけして忘れてません。

というより、むしろそれが主題のようです。