トップ > 思ひ出 > 焼栗のにほひ

焼栗のにほひ

玉乗の児よ、戯奴(ヂヤウカア)よ、身振をかしき鈴振(りんふり)よ。
また、いはけなき曲馬の児、
赤き上着にとり澄ます銀笛(ぎんてき)吹きの童らよ。

げにげに汝ら、しをらしく、あるはをかしく、おもしろく、
戯れ浮かれて鄙びたる下司のしらべに忘るれど、
いづこともなき焼栗の秋のにほひを嗅ぐときは
物思ふらむ嘆くらむ、かつは涙もしたたらむ。

すべり転がる玉の上に、暗き楽屋に、
汗臭き馬の背に、道化芝居の花道に、
玉蜀黍(とうもろこし)を噛みしむる、収穫(とりいれ)の日の
盲目のわかき女に見るごとく、
物の哀れをしみじみと思ひ知るらむ、浅草の秋の匂に。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

浅草の道化芝居の子供らに哀愁を感じてるのです。

サーカスの見世物になって、どんな国の事情か子供時代を 苦労して、涙も見せずに…。

でもそんな子供たちでも焼栗に匂いを嗅ぐ時は子供に戻り、 故郷や母が懐かしく涙を流すのかな…そんな内容のようです。