トップ > 思ひ出 > 初恋

落葉松

薄らあかりにあかあかと
踊るその子はただひとり。
薄らあかりに涙して
消ゆるその子もただひとり。
薄らあかりに、おもいでに、
踊るそのひと、そのひとり。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

身売りが当たり前だった時代には、こんな初恋の形もあったのかもしれません。

島崎藤村の「初恋」とはだいぶ状況が違います。

芸者として売られた女の子がイヤイヤ踊らされているのでしょうか。

それを何もできずに遠くから見て恋焦がれている。

あの子はどっかの エロオヤジの慰みものになったんだろうなぁ。切ない初恋の思い出です。