トップ > 思ひ出 > 柳河

柳河

もうし、もうし、柳河じゃ、
柳河じゃ。
銅(かね)の鳥居を見やしゃんせ。
欄干橋を見やしゃんせ。
      (馭者は喇叭の音をやめて、
       赤い夕日に手をかざす。)
       
薊の生えた
その家は、……
その家は、
旧いむかしの遊女屋(ノスカイヤ)。
人も住まはぬ遊女屋(ノスカイヤ)。

裏のBANKOにゐる人は、……
あれは隣の継娘(ままむすめ)。
継娘(ままむすめ)。

水に映ったそのかげは、……
そのかげは
母の形見の小手毬を、
小手毬を、
赤い毛糸でくくるのじゃ、
涙片手にくくるのじゃ。

もうし、もうし、旅のひと、
旅のひと。
あれ、あの三味をきかしゃんせ。
鳰の浮くのを見やしゃんせ。
      (馭者は喇叭の音をたてて、
       あかい夕日の街に入る。)
       
夕焼、小焼、
明日天気になあれ。 

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

柳河の観光案内といえば船ですが、これは【馭者】だから馬車で観光案内をしてるのです。柳河の独特の言葉を取り入れた詩です。

全篇【馭者】が一人語りしてると考えてもいいですが、【馭者】と【客】の問答形式と見たほうが面白いんじゃないでしょうか。。

「その家は、……」この語尾の「点々」、いかにも「問いかけ」って感じがしませんか?

「継娘。/ 継娘。」「小手毬を、/ 小手毬を、」…ここなんか、「ほうほう、それで?」とお客さんが相槌を打ってるかんじ。「。」と「、」も同調してます。どう思われますでしょうか?

白秋の時代、柳河の遊女屋の前には実際に薊の花が咲いていたようです。「薊の花」という詩で薊が遊女の象徴のように歌われてます。

(注)
BANKO…バルコニー。縁台。

水路が縦横に走る柳河の情緒を歌った詩では他に「水路」があります。