トップ > 童謡 > すかんぽの咲くころ

すかんぽの咲くころ

土手のすかんぽ、
ジャワ更紗。

昼は蛍が
ねんねする。

僕ら小学
尋常科。

今朝も通って
またもどる。

すかんぽ、すかんぽ、
川のふち。

夏が来た来た、
ド、レ、ミ、ファ、ソ。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

童謡集「赤いブイ」収録。初出1925(大正14)7月号「赤い鳥」。童謡集「七つの胡桃」にも収録。山田耕筰の曲があります。

通学路にすかんぽがズラーと咲いていたのです。それがまるでジャワ更紗の布地のように美しく見えたのです。古きよき時代の日本を感じます。

すかんぽは別名いたどり。アスパラみたいな茎の部分が食べられます。

こういうユカイな雰囲気の朗読はあまり経験がないので新鮮でした。普段と使う筋肉が(口の周り)違うなと感じました。

そしてほぼ一年ぶりに再録しました。「僕ら小学尋常科」でみんなで仲良く登下校してる楽しさが出るように。「夏が来た来た」のところで、カーーッと夏の日差しが照りつけて手をかざしてる感覚が出るよう注意しました。