トップ > 童謡 > 吹雪の晩

吹雪の晩

吹雪の晩です、夜ふけです。
どこかで夜鴨が啼いてます。
燈もチラチラ見えてます。
 
鈴です、鳴ります、きこえます、
あれあれ、橇です、もう來ます。
いえいえ、風です、吹雪です。
 
私は見てます、待つてます、
何だかそはそは待たれます。
内では時計も鳴つてます。
 
それでも見てます、待つてます。
何かが來るよな氣がします。
遠くで夜鴨が啼いてます。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

吹雪の晩に何かが近づいてくる期待感。不気味な感じじゃなく、ワクワク感を出さないといけません。すべての行が「す」で終わっているのがポイントです。

サ行は音がうるさくなりがちなのでかなり注意して朗読しました。