トップ > 水墨集 > 紅い蝶々白蝶々

紅い蝶々白蝶々

紅い牡丹に紅蝶々、
白い牡丹に白蝶々。

紅い蝶々が立つたらば、
白い蝶々が立つたらば、──
紅い牡丹に白蝶々、
白い牡丹に紅蝶々。

紅い蝶々が立つたらば、
白い蝶々が立つたらば、
紅い牡丹に紅蝶々。
白い牡丹に白蝶々。

紅い蝶々がまた立つた、
白い蝶々がまた立つた。
なんだかおつかないぞ、早う逃げろ。

すべての朗読音声を無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。なつかしくて新しい、情感あふれる白秋の詩の世界を、朗読によりいっそう豊かに味わえます。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

携帯電話には届きません。パソコンのメールアドレスを入力してください。



メールマガジンの読者サービスとして無料公開するものです。後日メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。すべて無料です。不要な場合、いつでも配信停止できます。当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

解説

牡丹の花にとまっていた紅白の蝶々がお互いの位置を入れ替え入れ替えするのです。 それが何か不思議な儀式のように思えて怖くなって逃げ出した、ということでしょうか。

「色」を巧みに使った北原白秋の童謡としては「赤い鳥小鳥」がよく知られています。