銀座の雨

雨…雨…雨…
雨は銀座に新しく
しみじみとふる、さくさくと、
かたい林檎の香のごとく、
敷石の上、雪の上。

黒の山高帽(やまたか)、猟虎(らっこ)の毛皮、
わかい紳士は濡れてゆく。
蝙蝠傘(こうもり)の小(ち)さい老婦も濡れてゆく。
…黒の喪服と羽帽子。
好いた娘の蛇目傘。
しみじみとふる、さくさくと、
雨は林檎の香のごとく。

はだか柳に銀緑の
冬の瓦斯(ガス)点くしほらしさ、
棚の硝子にふかぶかと白い毛物の春支度。
肺病の子が肩掛の
弱いためいき。 波斯(ペルシャ)の絨毯(じゅうたん)、
洋書(ほん)の金字は時雨の霊(たまし)、
Henri De Renierが曇り玉、
息ふきかけてひえびえと、
雨は接吻(きっす)のしのびあし、
さても緑の、宝石の、時計、磁石のわびごころ、
わかいロティのものおもひ。
絶えず顫(ふる)へていそしめる
お菊夫人の縫針の、人形ミシンのさざめごと。
雪の青さに片肌ぬぎの
たぼもつやめく髪の型、つんとすねたり、かもじ屋に
紺は匂ひて新しく。
白いピエロの涙顔。
熊とおもちやの長靴は
子供ごころにあこがるる
サンタクロスの贈り物。
外はしとしと淡雪(うすゆき)に
沁みて悲しむ雨の糸。

雨は林檎の香のごとく、
しみじみとふる、さくさくと、
扉(ドア)を透かしてふる雨は
Verlaineの涙雨、
赤いコップに線(すじ)を引く
ひとり顫(ふる)へてふりかくる
辛い胡椒(こしょう)に線を引く、
されば声出す針の尖(さき)、蓄音機屋にチカチカと
廻るかなしさ、ふる雨に
酒屋の左和利、三勝もそつとたちぎく忍び泣き。
それもそうかえ淡雪(うすゆき)の
光るさみしさ、うす青さ、
白いシヨウルを巻きつけて
鳥も鳥屋に涙する。
椅子も椅子屋にしよんぼりと
白く寂しく涙する。
猫もしよんぼり涙する。
人こそ知らね、アカシヤの
銀の木の芽も涙する。

雨…雨…雨…
雨は林檎の香のごとく
冬の銀座に、わがむねに、
しみじみとふる、さくさくと。

解説

北原白秋27歳、東京新富町に住んでいた頃の作品です。歳末の銀座の街、雪の後に降る雨を歌った風物詩です。明治時代の銀座の、さまざまな風物が取り入れられています。

(注)
Henri De Renier(アンリ・ド・レニエ)…フランスの詩人(1864-1926)。
ロティ…ピエール・ロティ。フランスの小説家(1850-1923)。著書「お菊さん」。
たぼ…日本髷の後部の、張り出した部分。

東京景物詩及其他

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら