トラピスト修道院

揺りいづる鐸(すず)のかずの
六つあまり、七つか、八つ。

夜はあけぬ、パン種の
粉かとも花は咲きて。

露ながら、人はあり、
いのりつつ、野に刈りつつ。

しづけさや、よき寺や、
カトリコの朝弥撤(あさミサ)や。

鷹のごと光るもの
山の気に吹きながれて、

美しき八月や、
翼ただ海を指しぬ。

(注)
トラピスト修道院…カトリックの一派、フランスのシトー修養会(トラピスト会)の修道院。

朗読・解説:左大臣光永