薊の花

今日も薊の紫に、
棘が光れば日は暮れる。
何時か野に来てただひとり
泣いた年増がなつかしや。

解説

夕暮れどきの薊の花の侘しさに年増(女)の姿を 連想しているのです。実際に薊のそばにそういう人がいたというより 薊の姿から呼び覚まされたイメージです。

白秋の過ごした柳川では遊女屋(柳川語でノスカイ屋)の前に薊の花が咲いていました(「柳川」「立秋」)。 よって「薊」といえば白秋にとって「遊女」を連想するイメージだったと考えられます。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら