天鵝絨のにほひ

やはらかに腐れつつゆく暗(やみ)の室(むろ)。
その片隅の薄あかり、背(そびら)にうけて
天鵝絨の赤きふるらみうちかづき、
にほふともなく在るとなく、蹲(うづく)み居れば。

暮れてゆく夏の思と、日向葵(ひぐるま)の
凋(しお)れの甘き香もぞする。……ああ見まもれど
おもむろに悩みまじろふ色の陰影(かげ)
それともわかね……熱病の闇のおののき……

Hachisch(ハシツシユ)か、酢か、アブサンか、くるほしく
溺れしあとの日の疲労(つかれ)……もつれちらぼふ
Wagnerの恋慕の楽の音のゆらぎ
耳かたぶけてうち透かし、在りは在れども。

それらみな素足のもとのくらがりに
爛壊(らんえ)の光放つとき、そのかなしみの
腐れたる曲の緑を如何にせむ。
君を思ふとのたまひしゆめの言葉も。

わかき日の赤きなやみに織りいでし
にほひ、いろ、ゆめ、おぼろかに嗅ぐとなけれど、
ものやはに暮れもなぬれば、わがこころ
天鵝絨深くひきかつぎ、今日も涙す。

解説

暗い部屋(物置部屋?)の片隅にあった赤いビロードの布から広がったイメージです。

ビロード布を頭からすっぽりかぶって、いろいろなイメージが駆け巡るのです。
布をかぶるくらいだから、おそらく少年時代のことでしょう。

ビロード(veludo)はポルトガル語。ベルベット(velvet)という言い方のほうが知られているでしょうか。 光沢があり、上品な手触りでカーテンなどに用いられます。

北原白秋にとって幼年時代を想起する重要なイメージのようです。 何度も詩に登場します。「邪宗門秘曲」「」「思ひ出・序詩」。

邪宗門

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら