かやの実

こんがり、こんがり、焼けました。
お山で拾うた榧(かあや)の実、
こんがり、こんがり、焦げてきた。
ひとつは坊やにあげましょか、
ひとつはお婆が食べてあぎょ。
こんがり、こんがり、焼けました、 お山で拾うた榧の実。

解説

囲炉裏で婆さんが子供たちのためにまた自分のために榧の実を焼いている… まんが日本昔話的な、のんびりした感じです。

童謡集「兎の電報」に収録。弘田龍太郎、山田耕筰の曲があります。

「かや」はイチイ科の常緑高木。果皮から食用油や整髪油が採れます。

関連…「かやの木山の

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら