水路

ほうつほうつと蛍が飛ぶ……
しとやかな柳川の水路を、
定紋つけた古い提灯が、ぼんやりと、
その舟の芝居もどりの家族を眠らす。

ほうつほうつと蛍が飛ぶ……
あるかない月の夜に鳴く虫のこゑ、
向ひあつた白壁の薄あかりに、
何かしら燐のやうなおそれがむせぶ。

ほうつほうつと蛍が飛ぶ……
草のにほひする低い土橋を、
いくつか棹をかがめて通り過ぎ、
ひそひそと話してる町の方へ。

ほうつほうつと蛍が飛ぶ……
とある家のひたひたと光る汲水場(くみず)に
ほんのり立つた女の素肌
何を見てゐるのか、ふけた夜のこころに。

解説

無理に声をがなり立てた感じだったので、詩のとおりしとやかになるよう 再録しました。だいぶ自然な音で録音できてきたと思います。

北原白秋の生まれ育った柳川の、夜の風景です。芝居帰りに水路を 舟で移動しているところに、蛍が飛ぶのです。 蔵の白壁など、白秋の詩に繰り返し登場するモチーフがここでも登場します。

白秋が子供の頃見た幻想的な景色なのでしょうか。

白秋の詩にしては凝った比喩もなく、わかり易い素直な言葉で 綴られています。昔々の柳川の、おとぎ話めいた夜の景色が 浮かんできます。

「何かしら燐のやうなおそれがむせぶ」はちょっとわかりにくいですが、 燐=人魂で、「あのへんから人魂でも出てきそうだなガクブル」ということでしょう。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら