道化もの

ふうらりふらりと出て来るは
ルナアパークの道化もの、
服は白茶のだぶだぶと戯(おど)け澄ました身のまわり、
あつち向いちやふうらふら、
こつち向いちやふうらふら、
緋房(ひぶさ)のついた尖がり帽子がしをらしや。
鉛粉(おしろい)真白けで丸ふたつ
頬紅さいたるおどけづら、
円い眼ばりもくるくると今日も呆(とぼ)けた宙がへり。
かなしやメエリイゴウランド、
さみしや手品の皿まわし、
春の入日の沈丁花がどこやらに。

ひとが笑へばにやにやと、
猫のなきまね、烏啼き、
たまにやべそかき赤い舌、嘘か、色眼か、涙顔。
鳴いそな鳴いそ春の鳥、
鳴いそな鳴いそ春の鳥、
紙の桜もちらちらとちりかかる。

薄むらさきの円弧燈(アークとう)、
瓦斯(ガス)と雪洞(ぼんぼり)、鶴のむれ、
石油ヱンジンことことと水は山から逆おとし、
台湾館の支那の児
足の小さな支那の児、
しよんぼり立つたうしろから馬鹿囃子。

ぬうらりしやらりと日が暮れて
またも夜となる、道化もの、
あかい三角帽をちよいと投げてひよいと受けたら禿頭。
あつち向いちやくうるくる、
こつち向いちやくうるくる、
御愛嬌か、またしてもとんぼがへり。

解説

道化者(ピエロ)の哀愁を歌った詩です。ピエロの淋しく、滑稽で、どこか不気味なところもあり、夕暮れの侘しい景色に溶け込んでいく、そういう感じで朗読しました。

次の詩「夜ふる雪

朗読・解説:左大臣光永