わたりどり

あの影は渡り鳥、
あの耀きは雪、
遠ければ遠いほど空は青うて、
高ければ高いほど脈立つ山よ、
ああ、乗鞍嶽、
あの影は渡り鳥。

解説

「乗鞍嶽」は岐阜県と長野県にまたがる火山。飛騨山脈南部の険峻。西から望んだ様子が馬の背に似ているからこう呼ぶそうです。

雪山の表面に、渡り鳥が影を落とす、その侘しいような、スコーンと突き抜けた空気というか、短いながら情景が頭に残る詞です。

水墨集

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら