海雀

海雀、海雀、
銀の点点、海雀、
波ゆりくれば ゆり上げて、
波ひきゆけば かげ失する、
海雀、海雀、
銀の点点、海雀。

解説

海雀は雀とはまったく関係なく、ペリカン科のかなり大きな鳥です。それがカモのように水面に浮かってるんでしょうか。

「かげ」は「月影」という時と同じく、「姿」を指します。シャドウじゃないのです。

次の詩「木兎の家

朗読・解説:左大臣光永