二重虹

虹だ。虹だ。隆太郎よ。
ああ、あれはおまえのものだ。
父さんは手をあげる。
ああ、あれは二重の虹だ。
母さんも、あれ、手をあげてる。
虹だ、虹だ、おまえの虹だ。
向うの木までが手をあげてる。

解説

白秋が小田原に洋館を構え、経済的に安定してきた頃の作品です。三番目の奥さん、菊子との間に生まれた長男が隆太郎です。菊子との結婚は大正10年(1921)、隆太郎の誕生はその翌年です。

家族で虹に向けて手を上げてる様子が微笑ましいですね。

 ヽ(´▽`)ノ( ´ ▽ ` )ノ    ( *‘∀‘ )ノ  

↑まあ、こんな感じでしょう。

二重虹は虹のワッカが二重になったものです。色の並びが主虹と副虹で逆になってるのがポイントです。白秋はよく小田原で目撃し、隆太郎くんは二重虹を見ながら育ったといいます。北原隆太郎はのちに禅哲学者となり、「白秋全集」をてがけます。

童と父」も同じく、隆太郎くんへのラブラブ、親バカぶりが出た詩です。

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら