あかき林檎

いと紅き林檎の実をば
明日こそはあたへむといふ。
さはあれど、女の友は
何時もそを持ちてなかりき。
いと紅き林檎の実をば
明日こそはあたへむといふ。

解説

エロイことさせてやる、させてやると言いながら全然させてくれないということでしょうか…?他に解釈が考えられないんですが。

白秋の詩にはけっこう林檎が登場します。「銀座の雨」など。また、「君かへす朝の敷石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ」これもよく知られた短歌です。

林檎つながりで島崎藤村「初恋」も欠かせないです。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら