たそがれどき

たそがれどきはけうとやな、
傀儡師の手に踊る
華魁の首生じろく、
かつくかつくと目が動く…

たそがれどきはけうとやな、
潟に堕した黒猫の
足音もなく帰るころ、
人霊もゆく、家の上を。

たそがれどきはけうとやな、
馬に載せたる鮪の腹
薄く光つて滅え去れば、
店の時計がチンと鳴る。

たそがれどきはけうとやな、
日さへ暮るれば、そつと来て
生胆取の青き眼が
泣く児欲しやと戸を覗く……

たそがれどきはけうとやな。

解説

子供の頃夕暮れ時に対して抱いた、幻想的な恐怖心を綴っています。

人形使いの手で踊っているおいらんの首、潟海に猫を落っことしたのが なんとか生還してひっそり歩いている姿、家の上を飛ぶ人魂、

馬の背に乗せた鮪の腹がキラキラ光り、それと連動するように店の時計 がチンと音を立てる、生肝取の青い眼がのぞく…

具体的イメージをいくつも重ねることによって「たそがれ時」の幻想的な 不気味さを表現していきます。

(注)
潟に落とした黒猫…北原白秋は子供の頃黒猫を潟海にほり捨てたようです。
「夏の入日があかあかと反射する時、私達の手から残酷に投げ捨てられた 黒猫が、黒猫の眼が、ぬるぬると滑り込みながら、もがけばもがくほど 粘粘した潟の吸盤に吸ひこまれて…」(「わが生ひ立ち」)

生肝取…北原白秋の詩に何度も登場する言葉です。「生きた肝を取るもの」 ということで、オバケとか悪霊の類。

抑えた声で再録しました。マイクはオーディオテクニカのat4050使用。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら