たんぽぽ

沼の田べりのたんぽぽは、
たんぽぽは、
咲けば、ざぶりと、
波が來る。

  たんぽぽ、たんぽぽ、
  波が来る。

沼の田べりのたんぽぽよ、
たんぽぽよ、
咲けば、子供が、舟で來る。

  たんぽぽ、たんぽぽ。
  舟で来る。

解説

子供が舟で「あ、たんぽぽだ」とこぎよせて、その浪がたんぽぽにざぶっとかかる、それだけの話ですが、ほのぼのと古き良き日本の情景が浮かびます。

「思ひ出」の中にも同じく「たんぽぽ」という詩がありますが、こちらは白秋が19歳の頃、自殺した友人中島鎮夫(中島白雨)のことを歌った、悲痛な詩です。

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら