水ヒアシンス

月しろか、いな、さにあらじ。
薄ら日か、いな、さにあらじ。
あはれ、その仄のにほひの
などもさはいまも身に沁む。

さなり、そは薄き香のゆめ。
ほのかなる暮の汀を。
われはまた君が背に寝て、
なにうたひ、なにかかたりし。

そも知らね、なべてをさなく
忘られし日にはあれども、
われは知る、二人溺れて
ふと見し、水ヒアシンスの花。

解説

書き出しがカッコよくて大好きです。「月しろか、いな、さにあらじ/薄ら日か、いな、さにあらじ。」テンポがよく、ドラマチックです。いかにも何かが始まるて感じです。

ぼんやりした光だが、月の光だろうかそれとも日の光だろうか、いや違う。ああとにかくあの仄かな香りだけ残っている…と。

…どうやら乳母に背負われて暮れの水際を散歩していたようです。そこでなんかのハズミで川に落ちてしまったと。その時ふと見た水ヒアシンスの花が妙に印象に残った、と。

溺れるという大変な状況なのに、えらく詩的な記憶として残ったんですな。

こういうふうに子供の頃の記憶が前後の脈落なく、ポンと一場面切り抜いたように残っているというのは、結構あることじゃないでしょうか。

私個人でいえば子供のころファミコンのコントローラーのボタンがスナック菓子の油でべたべたとか、プラモデルの部品をニッパーで切らずにもぎ取ったためデッパリだらけのブザマな完成度とか。そういった記憶が、今も残ってます。

■【古典・歴史】YOUTUBEチャンネルはこちら

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永