入日の壁

黄に潤(しめ)る港の入日、
切支丹邪宗の寺の入り口の
暗めるほとり、色古りし煉瓦(れんが)の壁に射かへせば、
静かに起こる日の祈祷(いのり)、
『ハレルヤ』と、奥にはにほふ讃頌(さんしょう)の幽けき夢路。

あかあかと精舎の入日。--
ややあれば大風琴(オルガン)の音の吐息。
たゆらに嘆き、白蝋の盲ひゆく涙。
壁のなかには埋もれて
眩暈(めくるめ)き、素肌に立てるわかうどが赤き幻。

ただ赤き精舎の壁に、
妄念は熔くるばかりおびえつつ
全身落つる日を浴びて真夏の海をうち睨む。
『聖マリア、イエスの御母。』
一斉に礼拝(おろがみ)終る老若の消え入るさけび。

はた、白む入日の色に
しづしづと白衣(はくえ)の人らうちつれて
湿潤(しめり)も暗き戸口より浮かびいでつつ、
眩しげに数珠ふりかざし急げども、
など知らむ、素肌に汗し熔けゆく苦悩の思。

暮れのこる邪宗の御寺
いつしかに薄らに青くひらめけば
ほのかに薫る沈の香、波羅葦増(ハライソ)のゆめ。
さしもまた埋れて顫ふ妄念の
血に染みし踵のあたり、蟋蟀(きりぎりす)啼きもすずろぐ。

長崎か平戸のカトリック教会のようです。教会の異国情緒に強く惹かれながら、信仰そのものには 反感を抱いている感じです。「妄念」という言葉など。

邪宗門

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら