てくてく爺さん

月は東に、日は西に、
てくてく爺さん、丘のうえ。

あかい頭巾に竹の杖、
しょったお籠は、百合ばかり。

てくてく爺さん大きいな、
影が長いな、いつまでも。

丘はうねうね、草の丘、
ひとつ下りれば、またのぼる。

月は東に、日は西に、
てくてく爺さん、ほいょほい。

与謝蕪村の「菜の花や月は東に日は西に」を下敷きに、牧歌的雰囲気を描き出しています。

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら