曼珠沙華(ひがんばな)

GONSHAN.(ゴンシャン)GONSHAN. 何処へゆく
赤い御墓の曼珠沙華(ひがんばな)、
曼珠沙華、
けふも手折りに来たわいな。

GONSHAN. GONSHAN. 何本か。
地には七本、血のやうに、
血のやうに、
ちやうど、あの児の年の数(かず)。

GONSHAN. GONSHAN.気をつけな。
ひとつ摘んでも、日は真昼、
日は真昼、
ひとつあとからまたひらく。

GONSHAN. GONSHAN. 何故(なし)泣くろ。
何時(いつ)まで取っても、曼珠沙華、
曼珠沙華、
恐(こは)しや赤しや、まだ七つ。

解説

童謡の中にすごく恐いのや残酷なことを歌いこんだ奴 がありますね。「この子の七つのお祝いに」とか、「かごめかごめ」とか「赤い靴」とか 歌詞が不気味で、なんかスゴイ謎がありそうでサスペンス劇場のネタ になりがちなやつです。そういう、「恐い童謡」テイストを出した詩です。

この女性(GONSHAN)は子供を喪ったようです。 私は最初、中絶したのだと思っていました。7年前に中絶をして、 それ以来墓参りに来てる、と。

女性はそれを悲しい痛ましいことに思いながら、隠したい無かったことに したい気持ちもある。しかし、どんなにごまかしても事実は覆い隠せない…

…最初はこう解釈したのですが、「7歳の時子供が死んだ」という解釈も 成り立つなぁ。「死んだ時のまま歳をとらない」なんて言い方が ありますが、その不気味さを出してると考えればゾクッ来るな、と。

しかしそれだとGONSHANがどこか後ろめたいような、隠したがっている説明が つかない。7歳の時死んだにせよ、何か女性の側に過失というか倫理的に まずい所があったのか?

童謡や昔話で「七」は何か象徴的な、特殊な意味のある 数のようです。七歳、七年目がキーになってる話は多い気がします。
(注)GONSHAN…九州柳川の方言で良家の娘さん。

童謡

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら