夜となればわれは泣きにき。
いひしらぬそのおそろしさ。
うるはしきかかる世界に、
くらき夜のなどて見ゆらむ。
いひしれぬそのおそろしさ。
夜となればわれは泣きにき。

次の詩「

朗読・解説:左大臣光永