天竺

天竺の国はかなたと
人つねにわれに教へき。
色あかき夕焼雲を
わが街の空に見る日は。

かなたにもおはす母君、
日に百の果物みのり、
象のむれ子を載せゆくと、
あるはまた人のかたりき。

かくてこそ空をながめて
いとけなう涙せし日よ。
夕されば雲のあなたに
天竺を思ふあこがれ

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら