歌ひ時計

けふもけふとて気まぐれな、昼の日なかにわが涙。
かけて忘れたそのころに
銀の時計も目をさます。

思い出し笑いならぬ、思い出し泣きをしてるんでしょうか?悲しい出来事があって、それからずいぶん時間がたった真昼間にそれを思い出す。

または、特に出来事がないのにむやみに悲しい気持ちになるとか。

その様子が、ベルの鳴る時間をセットしていて忘れたころにそれが鳴る、時計の様子に似てるという話です。

次の詩「隣の屋根

朗読・解説:左大臣光永