歌ひ時計

けふもけふとて気まぐれな、昼の日なかにわが涙。
かけて忘れたそのころに
銀の時計も目をさます。

思い出し笑いならぬ、思い出し泣きをしてるんでしょうか?悲しい出来事があって、それからずいぶん時間がたった真昼間にそれを思い出す。

または、特に出来事がないのにむやみに悲しい気持ちになるとか。

その様子が、ベルの鳴る時間をセットしていて忘れたころにそれが鳴る、時計の様子に似てるという話です。

思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら