鶏頭

秋の日は赤く照らせり。
誰が墓ぞ。風の光に、
鶏頭の黄なるがあまた
咲ける見てけふも野に立つ。

母ありき。髪のほつれに
日も照りき。み手にひかれて、
かかる日に、かかる野末を、
泣き濡れて歩みたりけむ。

ものゆかし、墓の鶏頭、
さきの世か、うつし世にしか、
かかる人ありしを見ずや。
われひとり涙ながれぬ。

解説

p>墓場に咲く鶏頭の花と、そこを歩いている母子にまつわる、ぼんやりした記憶です。誰の墓か知らないが、その墓の脇に黄色い鶏頭の花がたくさん咲いていた。

母親が子供をひっぱって、泣きながら歩んでいたと。この「子供」は白秋自身かも知れないし、客観的な視点で見てるのかもしれません。

一人称的視点と二人称的視点がごっちゃになってるところが、夢っぽいと思います。

で、そういう場面、そういう人を確かにかつて見たのだが、あれは現世だったか生まれる前の記憶だったかというのです。


思ひ出

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら