李思訓

月は真珠のやうに小さかつた、
高山の蔭である故、
金碧の画堂も緑に見えた。
日中の事である。
李思訓は絵筆をとり、
幽かに心はうちふるへた。
あまりに細緻な自然である。
あまりに色が深すぎる。
悲しいものは山と水、
遥かな点は雲に島。

解説

老子」などと同じく、過去の文人墨客を登場させて水墨画的世界を描き出します。

李思訓(653~718)中国,唐代の画家。字は建見。子の李昭道とともに大李将軍、小李将軍と呼ばれ、山水画をよくした。金碧山水の技法(山や岩の輪郭線に金泥をまぜる)を父子で確立。李思訓・昭道父子は後世北宋画の祖とされた。

水墨集

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら