あわて床屋

春は早うから 川辺の芦に
かにが店出し 床屋でござる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

こがにぶつぶつ しゃぼんを溶かし
おやじ自慢で はさみを鳴らす
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

そこへうさぎが お客にごぎる
どうぞ急いで 髪刈っておくれ
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

うさぎァ気がせく かにァあわてるし
早く早くと 客ァ詰めこむし
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

邪魔なお耳は ぴょこぴょこするし
そこであわてて ちょんと切りおとす
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

うさぎァ怒るし かにァ恥ょかくし
しかたなくなく 穴へと逃げる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

しかたなくなく 穴へと逃げる
ちょっきん ちょっきん ちょっきんな

次の詩「赤い鳥小鳥

朗読・解説:左大臣光永