あそびめ

たはれをのかずのまにまに
じだらくにみをもちくづし、
おしろいのあをきひたひに
ねそべりてひるもさけのみ、
さめざめとときになみだし、
ゆうかけてさやぎいづとも、
かなしみはいよよおろかに、ながねがひいよよつめたし。
あはれよのしろきねどこの
まくらべのベゴニヤのはな。

解説

遊女のその日暮らしの乱れた生活の悲しさ哀れさを歌った詩です。

(大意)
その場限りの付き合いで男たちと交わっている間に 自堕落に身を持ち崩してしまった遊女たち。

白粉を塗った額は青ざめ、昼間から寝そべって酒を呑み、 時々はさめざめと涙する。

夕暮れになると騒ぎはじめるが悲しみはいっそう酷くなり その願いはいよいよ冷たく(?)

悲しい夜(世)の白い寝床の枕元にベゴニアの花が咲いている

最後に「ベゴニアの花」が登場するのは、「そんな悲惨な毎日の中にも かすかな希望の光が」という象徴でしょうか。

同種の表現として思い出すのは、萩原朔太郎「夜汽車」のラストです。人妻と 不倫をして夜汽車で駆け落ちしている。あー、これからどうなるんだろう。 サッパリ先が見えない…という暗い重い内容の詩ですが、しめくくりが

「しののめちかき汽車の窓より外(そと)をながむれば
ところもしらぬ山里に
さも白く咲きてゐたるをだまきの花。」

この「をだまきの花」が北原白秋の「ベゴニアの花」に通じるものと思います。

また、遊女ネタということで松雄芭蕉「奥の細道」の中に見える 市振の関のくだりを思い出しました。芭蕉が北陸の市振の関で たまたま同宿の遊女からその哀れな話を聞くという内容で、完全な創作らしいですが いい雰囲気を出しています。

そこで芭蕉は「一つ家に遊女も寝たり萩と月」の句を得ています。

東京景物詩及其他

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら