日曜の朝、「秋」は銀かな具の細巻の
絹薄き黒の蝙蝠傘(こうもり)さしてゆく、
紺の背広に夏帽子、
黒の蝙蝠傘(こうもり)さしてゆく、

瀟洒にわかき姿かな。「秋」はカフスも新しく
カラも真白につつましくひとりさみしく歩み来ぬ。
波うちぎはを東京の若紳士めく靴のさき。

午前十時の日の光海のおもてに広重の
藍を燻(いぶ)して、虫のごと白金(プラチナ)のごと閃めけり。
かろく冷たき微風(そよかぜ)も鹹(しお)をふくみて薄青し、
「秋」は流行(はやり)の細巻の
黒の蝙蝠傘(こうもり)さしてゆく。

日曜の朝、「秋」は匂ひも新しく
新聞紙折、さはやかに衣嚢(かくし)に入れて歩みゆく、
寄せてくづるる波がしら、濡れてつぶやく銀砂の、
靴の爪さき、足のさき、パッチパッチと虫も鳴く。

「秋」は流行(はやり)の細巻の
黒の蝙蝠傘(こうもり)さしてゆく。

解説

北原白秋が明治44年、筋肉炎手術後の養生に小田原に行った時の作品です。秋を擬人化した詩です。海岸を行くハイカラな紳士の姿に秋を例えています。

すごくサワヤカでしゃれた感じです。そういう空気が出るように朗読しました。

北原白秋の詩はたとえが宇宙的すぎて意味がつかみづらいですが、あまり考えず、ぼーーと身をゆだねるのがいいと思います。

自分のイメージでは、海岸ぞいのアパートか病院か高い建物のベランダから海岸ぞいの道を見下ろしたら、クルックルッとこうもり傘を回しながら、秋の人が通り過ぎていく…その、俯瞰の図が目に浮かびました。

「広重の藍」は、安藤広重(歌川広重)の絵に多く使われる深みのある藍のことでヒロシゲブルーと呼ばれます。北原白秋オリジナルの言葉かと思ったら、一般的な言葉らしいです。印象派の絵画やアールヌーボーに影響を与えたそうです。

東京景物詩及其他

朗読・解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン
「左大臣の古典・歴史の名場面」配信中

日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。

いつも使っているメールアドレスを下のボックスに入力して、「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。

↓↓↓↓↓↓



≫詳しくはこちら